マスタークラス - EikoOkuno-Webseite

Direkt zum Seiteninhalt

Hauptmenü:

マスタークラス

ブレーメン芸術大学元講師・ハンブルク音楽院元副学長

        
グンデル・デッカート (Gundel Deckert

        
ドイツ・ブレーメン音楽大学及びハンブルク音楽院において数々の優秀な生徒を育成し、数々の国際コンクールの審査員を務め、ピア二ストとしてもヨーロッパやアジアを中心に活躍しているグンデル・デッカート。
日本来日にあたり、東京マスタークラスの受講生を募集致します。

日時 201910月12日(土),10月13日(日)10:30-13:30, 15:30-18:30
場所 PIANO STUDIO NOAH     (池袋店)
受講料 27000円 (スタジオ代、通訳料込み)
デュオ、室内楽で受講をご希望の方はお一人に付き1万円の追加料金を頂戴致します。
聴講料 1500

小学生以上のお子様から大人の方まで受講して頂けます。
是非この機会にドイツの音楽の流れをレッスンを通じて体験してみて下さい。

お申し込み・お問い合わせ先
奥野英子(ピア二スト・マスターコースコーディネーター、通訳)
eikookuno.piano@gmail.com 
メールでご連絡を頂いた後に、お申し込み用紙をメールにて送付させて頂きます。
(ドイツからのメールになりますので、海外からのメッセージが受信できるようにお気をつけ下さい。)

グンデル・デッカートの演奏は
www.gundeldeckert.de
よりお聞き頂けます。(注・ウェブサイトはドイツ語です)


グンデル・デッカート (Gundel Deckert)

ドイツ・ネヴィゲス生まれ。
ハンブルク音楽大学にてエリザ・ハンゼン、ヤラ・ベルネッテ、リューベック音楽大学にてマンフレッド・フォック、ケルン音楽大学にてギュンター・ルードヴィッヒに師事。
又ヤン・エキエル、ゲザ・アンダ、クラウディオ・アラウのマスターコースを受講
幼少より才能を発揮し、青少年の音楽コンクール、ハンブルク・スタインウェイコンクール、ハンブルク音楽大学コンクール、リューベック・ポゼール財団コンクールにおいて優勝。
これまでにハンブルクシンフォニーオーケストラ、青少年オーケストラ、ボシュメルシンフォニーオーケストラ、レックリングハウゼン市オーケストラなど数々のオーケストラと共演。
ヨーロッパを始め、アジアにおいてもソリスト、室内楽奏者としてツアーを行い、数々の国際フェスティバルにも招聘されている。
彼女の演奏に際し、非の打ち所のないテクニック、際立った澄んだ音色、そして詩情溢れる演奏、その上ドラマティックで大胆な演奏で聴く者の心を捉えると批評家より絶賛を受ける。
これまでにシューマンの子供の情景、蝶々などを納めたCDとラフマニノフのプレリュードとショパンのソナタ2番などをおさめた2枚のCDをリリースしている。

長年ブレーメン芸術大学とハンブルク音楽院において、後進の指導を行いスタインウェイコンクールをはじめ、数々の国際コンクール入賞者やピアニストを育ててきた。
又ハンブルク音楽院においては、ピアノのレッスンのみならず、長きに渡って外国人留学生の為のコースを担当し、留学生のサポートも行って来た。
又、ハンブルク音楽院副学長としても長年音楽院に貢献してきた。
これまでに青少年音楽コンクール、スタインウェイジュニアピアノコンクール、スタインウェイコンクール・ハンブルク音楽院、北ドイツ音楽大学コンクール等の審査員を務める。

 
Zurück zum Seiteninhalt | Zurück zum Hauptmenü